残留農薬検査と農薬一覧

■ 玄米

県内JAの栽培基準を基に使用時期・使用剤の特徴を踏まえ選定しています(平成28年8月設定)
平成28年産玄米残留農薬分析剤一覧 (検査対象品種:ササニシキ・ひとめぼれ・まなむすめ・つや姫・みやこがねもち)
水 稲 殺 菌 剤
No. 農薬名(一般名) 基準値(ppm) 検査下限値(ppm)
1 イソチアニル 0.3 0.03
2 イソプロチオラン 10 1
3 イプコナゾール (※1) 0.01 0.01
4 シメコナゾール 0.1 0.01
5 チアジニル 1 0.1
6 ピロキロン 0.2 0.02
7 フェリムゾン 2 0.2
8 フサライド 1 0.1
9 トリシクラゾール 3 0.3
10 フルジオキソニル 0.05 0.01
11 フルトラニル 2.0 0.2
12 プロベナゾール 0.5 0.05
13 ペフラゾエート (※2) 0.01 0.01
14 ペンフルフェン 0.05 0.01
15 メタラキシルM 0.1 0.01
計15成分
基準値:厚生労働省食品衛生法に基づく基準
検査下限値:検査機関で計測した信頼できる最小値
(※1)、(※2)は一律基準値(0.01ppm)を適用


水 稲 殺 虫 剤
No. 農薬名(一般名) 基準値(ppm) 検査下限値(ppm)
1 イミダクロプリド 1 0.1
2 エチプロール 0.2 0.02
3 エトフェンプロックス 0.5 0.05
4 クロチアニジン 1 0.1
5 クロラントラニリプロール 0.05 0.01
6 ジノテフラン 2 0.2
7 スピノサド 0.1 0.01
8 チアクロプリド 0.1 0.01
9 チアメトキサム 0.3 0.03
10 チフルザミド 0.5 0.05
11 フィプロニル 0.01 0.01
12 フェニトロチオン(MEP) 0.2 0.02
13 フェノブカルブ(BPMC) 1 0.1
計13成分
基準値:厚生労働省食品衛生法に基づく基準
検査下限値:検査機関で計測した信頼できる最小値


水 稲 除 草 剤
No. 農薬名(一般名) 基準値(ppm) 検査下限値(ppm)
1 MCPB 0.1 0.01
2 イプフェンカルバゾン 0.05 0.01
3 イマゾスルフロン 0.1 0.01
4 オキサジアルギル 0.05 0.02
5 オキサジクロメホン 0.05 0.01
6 クロメプロップ 0.02 0.01
7 シハロホップブチル 0.1 0.01
8 シメトリン 0.05 0.01
9 ダイムロン 0.1 0.01
10 テフリルトリオン 0.02 0.01
11 ピラクロニル 0.05 0.01
12 ピラゾリネート 0.1 0.01
13 ピリミスルファン 0.05 0.01
14 ピリフタリド 0.02 0.01
15 ピリミノバックメチル 0.05 0.01
16 フェノキサスルホン 0.05 0.01
17 フェントラザミド 0.02 0.01
18 プレチラクロール 0.03 0.01
19 プロピリスルフロン 0.05 0.01
20 ブロモブチド 0.7 0.05
21 ペノキススラム 0.05 0.01
22 ベンスルフロンメチル 0.1 0.01
23 ベンゾビシクロン 0.05 0.01
24 ベンゾフェナップ (※3) 0.05 0.01
25 ベンタゾン 0.2 0.02
26 ペントキサゾン 0.05 0.02
27 ベンフレセート 0.05 0.01
計 27成分
基準値:厚生労働省食品衛生法に基づく基準
検査下限値:検査機関で計測した信頼できる最小値
(※3)食品衛生法の改正(平成28年12月7日)により残留農薬基準が0.1ppmから0.05ppmへ変更


■ 麦類

麦類(小麦):県内JAの栽培基準を基に使用時期・使用剤の特徴を踏まえ選定しています(平成28年5月設定)
平成28年産麦類(小麦)の残留農薬分析剤一覧 (検査対象品種:シラネコムギ・ナンブコムギ・ゆきちから・青葉の恋、他)
  農薬名(一般名) 基準値(ppm) 検査下限値(ppm)
殺菌 プロピコナゾール 1 0.1
殺菌

チオファネートメチル

0.6 0.06
殺菌 テブコナゾール 2 0.2
殺菌 メトコナゾール 1 0.1
基準値:厚生労働省食品衛生法に基づく基準
検査下限値:検査機関で計測した信頼できる最小値

麦類(大麦):県内JAの栽培基準を基に使用時期・使用剤の特徴を踏まえ選定しています(平成28年5月設定)
平成28年産麦類(大麦)の残留農薬分析剤一覧 (検査対象品種:シュンライ・ミノリムギ)
  農薬名(一般名) 基準値(ppm) 検査下限値(ppm)
殺菌 プロピコナゾール 1 0.1
殺菌 チオファネートメチル 0.6 0.06
殺菌 テブコナゾール 3 0.3
殺菌 メトコナゾール 5 0.5
基準値:厚生労働省食品衛生法に基づく基準
検査下限値:検査機関で計測した信頼できる最小値


■ 大豆

大豆:県内JAの栽培基準を基に使用時期・使用剤の特徴を踏まえ選定しています(平成28年6月設定)
平成28年産大豆の残留農薬分析剤一覧 (検査対象品種 : ミヤギシロメ・タンレイ・タチナガハ、他)
  農薬名(一般名) 基準値(ppm) 検査下限値(ppm)
殺虫 エトフェンプロックス 0.2 0.02
殺虫 クロラントラニリプロール 0.2 0.02
殺菌 イミノクタジン 0.03 0.01
殺菌 イミベンコナゾール 0.3 0.03
殺菌 チオファネートメチル 1 0.1
計 5農薬
基準値:厚生労働省食品衛生法に基づく基準
検査下限値:検査機関で計測した信頼できる最小値