ページ内を移動するためのリンクです

つぼみ菜

ニンニクとベーコンの風味が食欲をそそる冬のパスタ

つぼみ菜パスタ

旬:1月~3月

材料

つぼみ菜…1束

お好みのパスタ…300g

調味料

ベーコン(一口大切り)…5枚
チーズ…適量
赤唐辛子(小口切り)…1~2本
塩…適量

パルメザン…適量
ニンニク(薄切り)…1片
オリーブ油…大さじ5
こしょう…適量

材料ひとくちメモ
アブラナ科のツケナ(漬菜)の仲間で、祖先は奈良時代以前に渡来しアオナと呼び、名は茎葉の緑色か らついたと思われます。つぼみ菜は、宮城県の渡辺採種場で在来種(洋種なたね)の中から苦味なく、食昧のよいものを選抜したもので・関東のカキナ・福岡のナバナと同じ扱いで、東北の冬場の代表的な緑黄色野菜です。
作り方
  1. つぼみ菜は洗い、3cm位に切ります。
  2. 塩1%が入った熱湯にパスタを入れ茄でます。アルデンテ手前、1分前につぼみ菜を入れて、一緒に茹で、水分をきります。
  3. フライパンにオリーブ油、ニンニク、赤唐辛子を入れ、ニンニクが薄く色づいてきたら、ベーコンを入れ炒め、2の茄でたてを加えて混ぜ、塩、こしょうで味をととのえます。
  4. 器に3を盛り、パルメザンチーズを添えて供します。

鮮度と扱い方

冬場の代表的な緑黄色野菜で、霜の降りるころが葉も柔らかくなり甘みも増し、おいしくなります。傷があるとその部分から腐敗するので、取扱いはていねいに行いポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存してください。炒めるときは強火で手早く行ってください。弱火で炒めると、水分が出て歯切れが悪くなり、味も落ちてしまいます。

調理豆知識

繊維が残らずやわらかで、甘みが多く風味が豊かなのが特徴です。葉茎は肉厚でボリューム満点。和風・洋風・中華に、どんな料理にもピッタリの万能野菜です。

栄養

ビタミンA・Cがとても豊富で、カルシウム、鉄分も多く含んでいます。カロチンの含有量はホウレンソウの約2倍と非常に多く含んでいます。ホウレンソウと異なり、あくがないため扱いやすい冬を代表する緑黄色野菜です。

ほかのレシピを見る

ページ上部へ