ページ内を移動するためのリンクです

きゅうり

きゅうりとアスパラガスのちょっとかわった新鮮炒めもの

きゅうりとアスパラガスの炒め煮

旬:一年を通して

材料

きゅうり…2本
貝柱(缶)中身…4個

アスパラ…50g

A

塩…小さじ1/3

スープ…1カップ

B

酒…小さじ2
スープ…1カップ
水溶き片栗粉…適量

塩…少々
炒め油…適量
ごま油…小さじ1

その他

炒め油…適量
ごま油…小さじ1

水溶き片栗粉…適量

材料ひとくちメモ
日本のキュウリの品種は華南系と華北系があります。また、黒イボ系と白イボ系に大別されますが、現在は、白イボ品種が圧倒的シェアを占めています。キュウリは、果面にブルーム(白い粉)が出る現象がみられますが、ブルームの出ない接ぎ木の台木が発見され、現在では、ブルームレスキュウリが主流となっています。
作り方
  1. きゅうりは皮をむいて縦四つ割りにして4~5cmの長さに切ります。
  2. アスパラは下処理をし、4~5cmの長さに切ります。
  3. 鍋に油を熱し、キュウリ、アスパラを炒め、Aを加えて、さっと茹で、水分を切ります。
  4. 鍋にBと貝柱を加えて入れ、味をととのえ、きゅうりとアスパラを加えて1分煮ます。
  5. 4に水溶き片栗粉でトロみをつけ、ごま油で仕上げます。

※お好みで砂糖を入れてもOK。

鮮度と扱い方

緑色が鮮やかで、表面のいぼが痛いほどとがっているものがよいとされています。ツルに近い頭の部分がフカフカしているものは古くなってスが入っています。0~5℃で保存すると、白く濁った汁がにじみ出て、腐敗が始まります。乾燥と低温に弱いので、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存し、2~3日で使いきるのが目安です。

調理豆知識

きゅうりもみ、つけもの、サラダ、ピクルス、刺身のつま、肉炒め等があります。 まな板の上できゅうりに塩をつけ、手でころがします。緑色を生かすには、塩をサッとふってから調理するのがコツです。

栄養

サラダやぬか漬けなど、生で食べることの多いきゅうりですが、油で妙めるとまた違った美味しさを味わえます。ビタミンA、B、C、カリウムを含んでおり、水分も多く暑い夏には水分補給に役立ち、また体を冷やす効能もあります。またぬか漬けにするとビタミンB1が増加し、疲労回復に役立ちます。きゅうりのおろし汁には、胸やけやしもやけにも効果があるそうです。

ほかのレシピを見る

ページ上部へ